27.Dec.2020

Info.plistのLaunch Screenを使って簡単に起動画面を実装する

swift

概要

iOS 14 / Xcode 12から新しくサポートされた起動画面(Launch Screen)の実装方法を試してみました

やったこと

  1. 起動画面の色(Asset catalog)の定義
  2. 起動画面で使う画像(Asset catalog)の定義
  3. Info.plistの Launch Screen という辞書型のプロパティーにNo.1とNO.2で作ったアセット名を設定する

この流れて実現できました。

Background Color

まず、 Assets.xcassets に起動画面で使う色を定義します。

LaunchScreenBackground という名前で定義しておきます。

  • 色の名前(LaunchScreenBackground)は任意ですが、わかりやすいものをつけました。
  • Appearancesは Any, Dark を指定しておき、ダークモードにも対応しておきます。

Image Name

次に、表示する画像(基本的にロゴになると思いますが)をLaunchScreenImageという名前で定義しておきます。

  • 画像の名前(LaunchScreenImage)は任意ですが、わかりやすいものをつけました。
  • AppearancesはAny, Darkを指定しておき、ダークモードにも対応しておきます。
  • ScalesはSingle Scaleを指定しておき、画像はsvgを指定しました。

Info.plist

Info.plistのLaunch Screenという辞書型のプロパティーに以下を設定します

key type value memo
Background Color String LaunchScreenBackground 定義した背景色の名前
Image Name String LaunchScreenImage 定義した画像の名前

参考

以上です。

Related Activities

SwiftUIを使った開発のノウハウをまとめたiOSアプリをリリースしました

Kumanoteでよく使うSwiftUIコンポーネントの作り方をソースコードと共に公開しています。

SwiftUIでswiftのコードのシンタックスハイライトを表示する

SwiftのコードをSwiftUIベースのアプリでシンタックスハイライトされた状態で見れるViewを作ってみました

Tailwindcssで定義されている色からSwiftUI版の定義を自動生成する

Tailwindcssで定義されている便利な色たちをSwiftUIアプリでも利用したいので、jsonで定義されている色をSwiftUI Colorsの変数に変換するスクリプトを作りました

[SwiftUI]Lottieファイルを使ってSplash画面をつくる

Lottieファイルを使ってSwiftUIアプリのSplash画面を作成しました